月別アーカイブ: 2019年1月

【育毛剤 vs. AGA治療薬】効果と副作用を徹底比較!

AGA治療の難しさ

男性の薄毛の多くはAGA(男性型脱毛症)だといわれています。この脱毛症は男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼという酵素の働きによってジヒドロテストステロン(DHT)という酵素に変換され、このDHTが発毛・育毛を阻害するのが原因と考えられています。

そしてこのAGAが進行していくメカニズムは体質的、遺伝的な要素が大きいと考えられているので、育毛剤でケアしても効果が実感できない、という人が多いわけです。

しかしそんなAGA治療に光をもたらす方法として登場したのがAGA治療薬です。

プロペシアと呼ばれるもともと前立腺肥大の治療に用いられていた薬がAGAの改善に効果が期待できることが判明し、治療に用いられるようになりました。

 

AGA治療薬のメリット、デメリット

このように従来の育毛剤にはない効果が期待できるAGA治療薬はAGAに悩む人たちにとって非常に重要な選択肢となりました。医療機関によって効果が期待できることが判明していること、医師の処方のもとで服用していくので安全性が高いといったメリットも大きなポイントです。

しかし一方でデメリットも指摘されています。とくに気になるのが副作用。内服薬ということもあって副作用のリスクがどうしてもつきまとい、性欲減退、かゆみ、発疹、肝機能障害、めまい、抑うつ症状などが報告されています。

だからこそAGAクリニックなどの医療機関で医師の処方の元で安全に服用していかなければならない面もあるわけです。

このAGAクリニックで治療を受ける環境は費用面のマイナス点ももたらします。診察料はもちろん、初診料、再診料など、AGA治療薬以外の出費を覚悟しなければなりません。

 

育毛剤との比較

こうした副作用などのデメリットがあってもAGAの治療効果が期待できる点からAGA治療薬は注目されていたのですが、現在では育毛剤の中にもAGA治療に効果が期待できるタイプが登場しています。

プロペシアと同様にAGAが進行するメカニズムに関与して薄毛を防ぐ効果が期待できるキャピキシルを配合した製品など、自宅で育毛剤でAGA治療も可能なのです。

AGA治療薬の方が効果は期待できるが副作用や費用の問題がある、育毛剤は手軽で費用もそれほどかからないが効果の面で一歩劣る。どちらのメリットが自分にとって重要かが判断する際のポイントになりそうです。

 

参考サイト:AGA病院の口コミ