Deeper3Dって効くの?キャピキシルとリデンシルを使用した育毛剤の気になる効果と口コミ

Deeper3Dとはどんな育毛剤?有効成分は?

Deeper3DはDeeperという育毛剤をグレードアップさせた形で発売された育毛剤です。

このDeeper3Dの最大の特徴は主成分としてキャピキシルとリデンシルが選ばれている点でしょう。

キャピキシルはカナダの化粧品メーカーで開発された成分で毛根で毛髪を作っている毛母細胞を活性化させる働きがあるといわれており、この育毛剤では5パーセントの濃度で配合しています。

一方リデンシルはスイスの化粧品メーカーによって開発された製品で、毛母細胞を作り出すメカニズムに働きかける効果が期待できます。こちらも5パーセントの濃度で配合されています。

この2つの有効成分だけでも魅力ですが、さらにサポート成分として豊富な成分を配合されています。

とくに美容の分野で知られている細胞を活性化させる「成長因子(グロースファクター)が配合されているのがポイントで頭皮の老化による育毛対策にも役立ちます。

さらにモンゴル人やインディアンの間で古くから伝承されている成分として植物由来の「モンゴル3大伝承成分」も見逃せません。

 

Deepr3Dの作用は?

こうした有効成分の内容を見てもこのDeeper3Dは頭皮と毛根の細胞を活性化させることで育毛・発毛を活性化させる作用を重視しているのがわかります。

薄毛対策全般に使えるのはもちろんですが、今現在薄毛が進行している最中の方に向いている育毛剤なのかもしれません。

 

値段は?

値段は少々高め、Deeperが60ミリリットルで税込5400円が定価だったのに対して、こちらは1万4100円と倍以上になっています。その分パワーアップができるわけですが、そこまでお金を出せるかどうか、評価が分かれそうな面もあります。

 

口コミ評価と使い方のポイントは?

口コミ評価は全般的に高く、「これまで育毛剤を使っても効果が実感できなかったのにコレは効いた」「薄毛の進行が止まるだけじゃなく毛が生えてきた」といったプラスの評価がよく見られます。

一方、3本目、4本目の使用で効果が現れたといった声も多く、ある程度の期間継続して使い続けられるかどうかが薄毛対策に役立てていく上でのひとつの鍵になりそうです。

スポイトタイプで適量を使いやすく副作用や過剰使用といったリスクはほとんど心配ありません。

使い方では頭皮に塗付したあとに指の腹で軽くすりこみながらよく馴染ませていくよう心がけるのがポイントでしょう。